NLSピストン

NLSピストンの評判や口コミを徹底調査してみた結果

NLSピストン

 

A10ピストンSAが品薄状態の中、代替品として一躍人気商品になったNLSピストン。

 

購入した人は満足しているのでしょうか。

 

今回は、NLSピストンの本当の評価を確かめるために、ネット上にある評判や口コミを検証してみました。

 

そこからわかったNLSピストンの特徴やデメリット、メリットなども紹介しています。

 

A10ピストンSAの再販を待つか、それともNLSピストンを買おうか悩んでいる人は必見です。

 

NLSピストンの評判や口コミのまとめ

 

ネット上にあるNLSピストンの評判や口コミをまとめました。

 

口コミの中には悪い評判もあったので、良い口コミだけじゃなく悪い口コミも紹介します。 ※全文ではなく端的にまとめた形で掲載しています。

 

NLSピストンの悪い口コミ

・ペニスを奥まで突っ込むとピストンが動かなくなってしまう。ホールを少し引っ張らないと装着できないのもマイナスポイント。
・コードが煩わしい。低速だと使用できないレベルで使い物にならない。音が思っていた以上に大きく感じた。
・動きが単調。動画連動機能がないことがボディブローのように効いてくる。

 

NLSピストンの良い口コミ

・ストローク幅が思っていたよりも大きかった。中低速〜中速で使うと本当に気持ちが良い。
・A10ピストンSAの繋ぎと思って購入したがこれで満足している自分がいる。ピストンがパワフルだから刺激が強くて良い。
・価格以上の価値があると思う。メンテナンスも簡単だから気軽に使おうと思える。毎回使っています。

 

NLSピストンの評判や口コミからわかったこと

 

NLSピストンの評判や口コミからわかったことをまとめました。

 

ピストン機構に不満を持っている人がいる

 

NLSピストンのピストン機構に不満を口にしている人が少数ですがいました。
NLSピストンはクランク式なので、反動がかなりあるんですよね。
反動があると長時間持っていると疲れるようですし、何より音の大きさに不満を持っているようでした。
大抵の人は、夜にNLSピストンを使います。
夜って音に敏感になりますよね。
そういう面もあるとは思いますが、やはり動作音が大きいという口コミは気になるところです。
ちなみに、奥まで突っ込むとピストンが動かなくなってしまうという口コミがありましたが、それはペニスが大きすぎることが原因です。
普通サイズのペニスであれば、そのような不具合が起きることはないでしょう。
NLSピストンの基本的なピストン機構に欠陥はないので、その点について心配することはないです。
ただ、低速域の動きは弱いという弱点はありますけどね。

 

A10ピストンSAの専用ホールを共有できる

 

口コミの中には、専用ホールが装着しづらいという意見がありましたが、慣れてしまえば別に不満を持つ点ではありません。
NLSピストンはA10ピストンSAの専用ホールを共有することができます。
以前までは2種類しかなったんですが、最近新たに3つ追加されました。
合計5種類の中から選べるようになったので多様性が生まれましたよね。
追加された3種類のホールの特徴は以下のとおり。

 

1 A10ピストンSA専用ホール プレーン
強力なピストン機構に適応させた特殊構造。
つるつるの肉壁に包まれる新鮮な快感が心地良い。
ホール内に空気が入りづらく、ペニスへの密着が強い特徴がある。
現状、本物の膣に最も近い専用ホール。

 

2 A10ピストンSA専用ホール フォービドゥン
強力なピストン機構に適応させた特殊構造。
複数のテクスチャーが融合したマルチ仕様。
名器と呼ばれる膣を具現化したような専用ホール。

 

3 A10ピストンSA専用ホール バンプ
強力なピストン機構に適応させた特殊構造。
全てにおいてハードで無次元な感覚も味わえる。
刺激変化が多彩で飽きがこない。
フェラにも膣にも感じれる不思議な専用ホール。

 

 

・価格を考えると十分価値がある
使っている人の口コミを見てみると、価格を考えれば申し分ない仕上がりと思っている人が多いようです。
はっきり言ってNLSピストンの価格はかなり安いです。
それは、上位交換であるA10ピストンSAの価格と比べれば一目瞭然でしょう。
しかし、価格が安いのには理由があります。
・動画連動機能がないこと
・シンプルな動作しかできないこと
・有線であること
これらのことが我慢できないのであれば、購入するべきではないでしょうね。

 

NLSピストンの評判や口コミからわかった使い方のコツ

 

ホール内の空気抜きをしてから使用すると快感度が増す

 

<空気の抜き方>
1 ホール内にローションを少し多めに入れる
2 勃起したペニスを奥まで挿入する
3 軽くピストン運動して吸い込まれる感覚があれば成功(真空になっている状態)

 

・VRオナニーで使用するならUFOSAは必須
・スピードは中低速〜中速で使う
・駆動音が気になるなら布団や毛布を被せて使うようにする

 

NLSピストンの特徴

 

NLSピストンの口コミや評判など徹底的に検証して、NLSピストンの本当の特徴をまとめました。

 

ピストン式の電動オナホとして優秀

 

ピストン式の電動オナホの種類は多くありません。
NLSピストンのほかには、A10ピストンSAとピストンヒートIR(安心・安全に使えるものとして考えた場合)しかないでしょう。
さすがにA10ピストンSAにはトータルでみると敵いませんが、ピストンヒートIRよりは優秀です。
ピストンヒートIRは駆動音が静かという特徴がありますが、その分刺激がかなり弱いです。
逆に、NLSピストンの駆動音は少し大きめですが、しっかりペニスに刺激を感じる仕様となっています。
ストローク幅も8cmとA10ピストンSAと大差はありません。
ペニスへの刺激という意味においては、A10ピストンSAと同レベルといって過言ではないです。

 

動画連動機能はないがVRオナニーの戦力にはなる

 

NLSピストンに動画連動機能はありません。
しかし、VRオナニーで使おうと思えば全然使えます。
なぜなら、操作が非常にシンプルだから。
操作はスピード調整のみ。
しかも、ダイヤル式の無段階調整なので、視界がゼロの状態でも難なく操作することができます。
VRゴーグルを装着して何も見えない状態でも、シーンに合わせてスピード調整することができますよ。
とは言っても、自分で操作しなければならないので没入感はあまり感じれないのかなと思います。

 

使用方法によっては有線であることがメリット

 

NLSピストンはコンセントに繋いで使用します。
A10ピストンSAとは違い、充電式ではありません。
でも、充電する手間がないと考えると良い点だなと思いませんか?
「オナニーしよう」と思い立ったらすぐに使えるのって嬉しいですよね。
それに、バッテリー切れの心配がないのでじっくりねっとりオナニーすることができます。
実は私もNLSピストンの愛用者の一人でして・・。
個人的に寸止めオナニーが好きなので、NLSピストンが有線で良かったなと感じるシーンが多いです。
寸止めオナニーは回数が多ければ多いほど興奮するので、NLSピストンが有線であることがかなりのメリットなんですよね。
5時間以上可動という離れ業(はなれわざ)は充電式ではできないですからね。
さすがに5時間寸止めオナニーしたときは、金玉がパンパンになって精子の量がドン引きするレベルでしたけど・・。

 

NLSピストンとA10ピストンSAの違い

 

ご存知の人も多いと思いますが、NLSピストンはA10ピストンSAの試作機をブラッシュアップし製品化した商品です。

 

なので、何かと比較されることが多いですよね。

 

そこで、NLSピストンとA10ピストンSAは何が違うのかまとめました。

 

動画連動機能の有無

 

NLSピストンは動画連動しませんが、A10ピストンSAは動画連動して動きます。
複雑な動きを勝手にするので「誰かに抜かれている感」を生々しく感じるでしょう。

 

静音設計

 

A10ピストンSAはNLSピストンと比べると、かなり駆動音が静かです。
深夜に使っても不安にならないレベルの静音設計となっています。

 

有線とコードレス

 

NLSピストンは有線、A10ピストンSAは充電式となっています。
約5時間のフル充電で、連続可動時間は約120分です。
2時間以上動くので、普通の使い方をしていれば抜くまでに使い終えるでしょう。

 

価格

 

NLSピストンとA10ピストンSAを比べると、価格にかなり差があります。
性能面を比べると、仕方がないのかもしれません。

 

基本性能

 

NLSピストンはクランク式、A10ピストンSAは新機構のレールポジション式となっています。
色々な点で差がありますが、一番差がある部分は低速域の滑らかさです。
クランク式ですと、構造上どうしても低速域は不安定な動きとなってしまいます。
逆にレールポジション式は低速での動きを得意としています。
この差が決定的に大きいんですよね。
なぜなら、低速域の動きはセックスの動きに近いから。
VRオナニーで擬似セックスをしたいと思っている人は、この点を見逃すことはできないと思います。

 

 

生々しいVRオナニーを楽しみたいならA10ピストンSA

 

結論から言うとA10ピストンSAの方が全てにおいて上でした。

 

正直NLSピストンがA10ピストンSAの下位交換という世間の口コミの評価は正しいと思います。

 

特に差を感じるシーンはVRオナニー時でしょうね。

 

やはり動画連動機能があるのとないのでは、次元の違う快感度と没入感ですから。

 

電動オナホを使ったVRオナニーを心底楽しみたいという人は、A10ピストンSAをおすすめします。

 

 

NLSピストンは責められる快感が味わえる

 

NLSピストンの刺激をわかりやすいように例えてみました。

 

NLSピストンの刺激は自分勝手に腰を振る痴女とセックスしている感覚

 

NLSピストンは自分で操作しない限り、緩急のある動きをすることはありません。
その単調で自分勝手な動きは、まるで痴女とセックスしているような感覚です。
M気質な人だと、かなり興奮するかもしれません。

 

NLSピストンの刺激は百戦錬磨のベテラン風俗嬢がするフェラチオ

 

風俗好きの人ならわかると思いますが、ベテラン風俗嬢ってフェラがかなりうまいですよね。
そのフェラをNLSピストンで感じることができます。
あの有無を言わさずに、ひたすらカリを刺激してくるフェラチオを体験することができますよ。

 

NLSピストンの刺激はヤリマンとの正常位をしている感覚

 

NLSピストンは単調な動きしかできません。
しかし、単調な動きなのでタイミングに合わせて腰を振ることができます。
ヤリマンの正常位って腰振りのタイミングに合わせて自分も腰を振ってきますよね。
あの最高に気持ち良いヤリマンとの正常位をNLSピストンで体験することができますよ。

 

 

NLSピストンのデメリット・メリット

 

NLSピストンのデメリット・メリットをまとめました。

 

NLSピストンのデメリット

 

・単体ではVRオナニーとの相性があまりよくない(UFOSAと同時使用すれば解決)
・夜に使うと駆動音が気になる(布団をかぶって使うなど何らかの措置が必要)

 

NLSピストンのメリット

 

・抜くではなく抜かれる感覚を味わえる
・A10ピストンSAの代替品として十分使える
・セックスをしている感覚を味わえる

 

NLSピストンが向いていない人・向いている人

 

NLSピストンが向いていない人・向いている人をまとめました。

 

NLSピストンが向いていない人

 

・完璧な電動オナホを求めている人
・家族と同居している人

 

NLSピストンが向いている人

 

・擬似セックスがしたい人
・手ごろな値段の電動オナホが欲しい人
・寸止めオナニーが好きな人

 

 

まとめ

 

NLSピストンについて紹介しました。

 

口コミを調べた結果、商品の質に申し分はありませんでした。

 

しかし、A10ピストンSAと比べると見劣りするのは否めません。

 

現在、A10ピストンSAは品薄状態で、販売されればすぐに売り切れとなってしまう事態が続いています。

 

ピストン機構の電動オナホが今すぐ欲しいという人は、まずNLSピストンを購入して我慢するというのも方法の一つかと思います。

 

基本性能は違いますが、A10ピストンSAの専用ホールを使うので、ペニスへの刺激に遜色はありません。

 

NLSピストンを使ってVRオナニーをしたい人は、動画連動機能のあるUFOSAと併用して使えば、満足できるオナニーができるはずです。

 

乳首で連動していれば、ペニスへの単調な動きなど気になることはありませんから。

 

page top